shop blog

アクタス・宇都宮店 アクタス・宇都宮店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
アクタス宇都宮店

ADDRESS
〒321-0118 栃木県宇都宮市インターパーク6-2-12
TEL
028-657-7737 / actus-utsunomiya@ymail.plala.or.jp
OPEN
11:00~19:00 / 火曜定休

Posts Tagged ‘172B’

leklint172_image_01

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

この度、LE KLINT(レ・クリント)社の価格改定に伴い

2015年9月1日(火)のご注文分より

製品価格の変更を一部実施させて頂くこととなりました。

当店で展示のある価格改定該当製品の取り扱いにつきましては

下記の通りご案内申し上げます。

 

 

 

172_size-1

 

・172A ペンダントランプ→ 旧価格(税別)¥35,000 → 新価格(税別)¥37,000

・172B ペンダントランプ→ 旧価格(税別)¥39,000 → 新価格(税別)¥42,000

 

このモデルは1971年に設計されたレクリント定番の人気のデザイン。

172Aと172Bは同デザインになっており、明るさはどちらもE26 電球型蛍光灯100Wタイプ。

当店では、172Aに比べ、ひと回り大きく存在感のあるサイズの172Bの方が人気があります。

 

 

 

 

LE-KLINT-Model-172

 

特殊プラスティックペーパーを手で折りあげるハンドクラフト製品です。

普段のお手入れはパタパタとハタキで十分。

プラスチックなので、いざというときは丸洗いできます。

 

どこから見ても完璧な立体的なデザインは

消灯した状態でもインテリアの主役になるほど美しいデザイン。

北欧インテリアがお好きな方は

このペンダントランプ一つで一気に北欧の雰囲気満点になりますよ♬

 

 

 

 

daiko_hikkake

 

引っ掛けシーリング式なので、配線器具がついていれば簡単に取り付けできます。

 

 

 

172a-led

また、白熱電球に続き電球型蛍光灯の製造終了が進んでおり

現在同梱の電球型 蛍光灯の供給が困難となる為

今後は全てのレ・クリント製品が「ランプ別売」となります。

こういったLED電球を別途お買い求め下さい。

 

 

現行価格での販売は、8月31日(月)当店営業時間内までとさせて頂きます。

展示品以外の商品のお取り寄せも可能ですので、お気軽に申し付け下さいませ。

 

ご検討中の方、お早めにご来店下さいね^^

 

 

 

 

P1081073-1

 

2013年を振り返り

最も販売数量が多かった人気商品をカテゴリー別にご紹介。

『照明編』です。

 

ポール・ヘニングセンのデザインによる ルイスポールセンのPH5Plus(ホワイト)。

ф52cmxH30cm 重量1.5Kg 86,100円

 

特に北欧インテリアがお好きな方には知名度がものすごーく高く、所有率も高いこちらの照明は

異なる形状のセードが、どの角度から見ても光源が直接目に入らないという

実は計算されつくした高度なデザインをしています。

 

間接光によって照らされる明かりは、柔らかく温かい空間を演出。

主にダイニング用にと買われる方が大半なのですが

大体横幅w180cm程度のダイニングテーブルまででしたら

万遍なく明かりが行き届きます。

 

P1081072-1

 

色物をアクセント使いにという方には

PH5の発売50周年を記念したモデルPH50(92,400円)がおススメ。

チリ・レッド、ミント・ブルー、ワサビ・グリーン、ココナッツ・ホワイト、オリーヴ・ブラックの5色からお選び頂けます。

 

P1091099-1

 

もうひとつは

ポール・クリスチャンセンデザインによるレ・クリント 172B

ф44xH40cm 重量0.7Kg 40,950円

 

幾重にも重なった1枚のプラスチックシートのプリーツは

手で織り上げるという全てがハンドクラフト。

その独特な彫刻的で芸術的なフォルムは北欧デザインの代表作です。

 

一見埃がたまりそう・・・と、その窪み度合の深さ多さに懸念しがちになるデザインですが

シェードがプラスチックシートなだけに簡単に取り外して中性洗剤で丸洗いすることが可能。

しかもとっても軽いので外すのも洗うのも負担になりません。

とは言っても、洗うのはホントに汚れが気になった時だけで

日常のお手入れはハタキ等で埃を払うだけで充分です。

 

172Bは、当店ではダイニング用の他、和室用で買われる方も多いかな。

 

 

どちらも一番に共通することは

明かりを灯さない日中においても

ただ吊るしてあるだけでオブジェのようなデザイン性の高さが特徴です。

 

以上、照明編でした。

 

 

次回は『キッズ編』です。

 

 

to TOP